テーマ:旅行

両親と過ごしたアメリカの夏休み

震災後、放射能汚染などで変わらず不穏な空気に満ちた日本を離れ、傷ついた母国を想う気持ちを少しでも癒して欲しいと、両親を招待した今年の夏. . . . その両親がアメリカの土を踏むのは、私達の結婚式以来の実に4年ぶり。シンシナティの我が家に訪れるのは初めてのことです。父からは、「せっかくだから、震災の際にとても心配して下さったポー…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

アメリカ北東部 ロードトリップ 『 Part 3. ボストン他 編 』

ディヴァリーの夜が明けると、先に起きたBKとポールがチャイティーを片手に語り合っていました。インド舞踊の先生であるチャヤは早朝クラスに出かけたようです。聞けば、彼らが寝たのは夜中の3時過ぎとのこと。120人を自宅でもてなし、3人の子供達を起こして朝食を食べさせ、土曜日の早朝から仕事に出かけるチャヤのそのエネルギーは、一体どこから来るので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカ北東部 ロードトリップ 『 Part 2. インドの光の祭典“Diwali”編 』

まるで川端康成の小説の一節、『国境の長いトンネルを抜けると、そこは雪国だった』のように、トンネルを抜けてマサチューセッツ州に入ると、まだ10月だというのに雪が降っていました。 向かう先はボストン近郊の友人ファミリー宅。インド時代のポールの高校の同級生である彼の家では、インドの最大行事と言われる『Diwali(ディヴァリー)…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アメリカ北東部 ロードトリップ 『 Part 1. ナイアガラ編 』

そもそも今回のロードトリップのきっかけは、「Shinoにアメリカの紅葉を見せたい!」というポールの一言からでした。その他にもボストンに住む友人からの招待や、ポールの出張が重なることで決行されたアメリカ北東部5日間の旅。。。 人生初の長距離ドライブでは、ここオハイオ州のシンシナティを皮切りに、ペンシルバニア→コネチカット→マサチュー…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

カリブ海の島々から。。。

カリブ海に浮かぶラテンの島、プエルトリコ。初めてハネムーンで訪れたあの時から、今回で3度目です。アトランタ空港でポールの家族と合流し、飛行3時間後にはサン・フアン空港へ到着。一歩外に出るやいなや、いつものように焦げ付くような灼熱の太陽とヤシの木達が出迎えてくれました。 プエルトリコの気候や風土は、デスーザファミリーのルーツであるイ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

精霊たちの島 ・・やくしま

東京でのOL生活から一転し、アメリカの自然豊かな環境下で人々の魂を癒す仕事をさせて頂いている私は、人々から「いつ、なぜ、どのようにしてスピリチュアルに興味を持つようになったのですか?変化のきっかけは?」などと聞かれることが多いのですが、おそらくそれは物心がついた頃からだと思います。 幼少期の私は、母親に「人はなぜ生きている…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シンシナティ & ケンタッキー

ポールがインドから渡米後、約7年間住んでいたシンシナティの友人達を訪れて来ました。こうして二人でかの地へ赴くのは初めてです。 カリフォルニアでは見られないレンガ造りの美しい友人宅のドアを開けると、待っていた彼らとのハグの嵐!! 家の中に愛が溢れ返るのを感じ、思わず涙ぐみそうになりました。ビル & ジェイミーやマーク & ティミー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アリゾナの荒野にて。。。

ポールの出張のお供で、ラスベガスへ向かいました。 レストランもカジノも ものすごい混みよう、、聞けば この地でNBAのオールスター戦が開催されているとのこと。 彼の会議中に街を散策してみたものの、べガスの過剰な絢爛さと人混みに疲れ、ホテルに戻って一息。。。 その後べガスを発ちアリゾナへドライブ。 州に性別があるなら、カリフォルニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プエルトリコより。。。

私は今、南国のプエルトリコでポールの家族とバケーションを過ごしています。 今夏、この地でハネムーンを過ごしたばかりの私達。 ラグジュアリーな部屋で彼と二人きりなので、2度目のハネムーン気分です。 それにしても、想い出の場所にこんなにも早く戻って来るとは思いませんでした。 今回は、彼の妹がプエルトリコにコンドミニアムを3部屋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LA便り Part 2;サンタモニカ

「せっかくだからLAらしい場所に寄って帰ろう!」とのことでサンタモニカへ。 ハリウッドセレブの多くがこの街に暮らしていることもあり、瀟洒な家が建ち並んでいます。 住宅街を抜けると、LA屈指のビーチが眩しく広がります。 メインストリートのカフェで一服し、何やら賑わう方へ向かうと、ファーマーズマーケットが開催されていました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LA便り Part 1;ヒーラーのダニエル

ポールの友人、ヒーラーのダニエルが住むLAを訪れて来ました。 ダニエルは、刑務所の囚人に平和の心を説いて20年。妻と3匹の猫と共に穏やかに暮らしています。 彼が「地上の天国」と語る自宅の裏には禅ガーデンが広がり、石庭の周りには八百万(やおよろず)の神々の像が。。。 最新の著作「The One Minute Miracle…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天使の住む街 -- Ventura

LAに向かう道中、アメリカに詳しい元同僚にすすめられて以来 興味のあった街「Ventura(ヴェンチュラ)」に一泊しました。ともすれば通り過ぎてしまいそうな、エアポケットのような小さな街です。 1500年以上前にカリフォルニアのネイティブアメリカン、チュマシュ族によって発見され、その後はスペインによる統治が続いたこともあり、街のいたる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more