Wha-Dho Life in the US

アクセスカウンタ

zoom RSS リトリートワークショップ in ニューメキシコ 《Part2》 幻のドラムの音で目覚めた朝. . .

<<   作成日時 : 2012/11/17 01:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今回のリトリートワークショップの宿泊先は、作家のアメリカ人女性、マーガレットが経営する《Oso Vista(オソ・ヴィスタ)》。ニューヨーク州に生まれ育った彼女もまた、美術を学んでいた学生時代にニューメキシコを訪れ、この地の虜となった一人。その後レマへの移住を決め、ご主人とアドビ様式の美しい邸宅を建てるに至ったそうです。そして子供達も成長した今、かつて彼女が家族と住んでいたこの美しい邸宅を「ナバホ族の叡智を学びに訪れる人々のための、リトリートセンターにしよう」と決めのち、初めて訪れた客人が私達とのこと。「私の使命を全うすべく、あなた方が訪れてくれたことに感謝しているわ」という温かくも強い言葉に、彼女の人生が垣間見えるようでした。

リトリートセンター 《Oso Vista》
画像


画像


窓からも絶景を眺められます。
画像


リトリートセンターのオーナー、マーガレット
画像


私達が泊まった部屋
画像


レマの夜がふけ、満天の星空が辺り一面を覆います. . . 物音一つしない部屋の中で、丸いテーブルを囲みながら皆でお茶を飲んでいると、何やら不思議な感覚が押し寄せて来ます. . . そして誰かが言いました。「なんだか沢山のネイティブアメリカンのスピリット(精霊)達がやって来ているよね」。私が「うんうん、私達の背後にいっぱい!」と答えると、他の女性は「えぇ!怖い!」と。そこで弟の雄太が「普段めったに人が訪れないから、珍しくて ”おぉ、外国人がいっぱい来てるぞ。見に行こう!”って集まって来てるんだょ」と続くと皆が笑い出し、「それならありがたく歓迎しないとね」と. . .

翌朝は、リトリートセンターの敷地内にある丘を登り、頂上から広がる絶景を前に瞑想や気功をし、眩しい朝陽を体中に受けて充電。午後には残りのメンバーが続々と登場し、互いに自己紹介を終えたのちは、ポールが叩くドラムと祈祷によって、いよいよリトリートワークショップの幕開けです!

画像


途中、ポールの旧友である『Wild Spirit Wolf Sanctuary』のディレクター、レイトンや、この土地を訪れた際に親しくなったイタリア人夫妻のフランチェスカ&ウンベルトも歓迎に訪れ、再会を喜ぶハグが続きます。

画像


その後は皆でディナー。近所のレストランにリトリート期間中のケータリングを依頼した結果、シェフのアイラが登場。『ナバホのヒーロー』と呼ばれる寡黙ながらも野性的な情熱を秘める彼を前に、女性達だけでなく、男性達も惚れ惚れとしています。この土地には、都会では決してお目にかかれないような本物の男達がいると、改めて実感!アイラが英語とナバホ語による食前の祈祷を終え、彼が調理した土地の新鮮な食材に舌鼓を打ちつつ、こんなにも「いただきます」という言葉がふさわしいディナーはない、と感じた夜でした。

画像


その翌朝、ベッドの中で「そろそろ起きなきゃ」と寝返りを打ちながら、部屋の外からドラムの音がはっきりと聴こえて来ます。「あぁ、ポールのドラムに合わせながら、誰かが瞑想しているのね。私も起きて参加したい」と思いつつも起きれず、20分ほどそのドラム音が途絶えるまで聴いていました。

起床後、ポールに「さっきドラムを叩いていたわよね。誰かが瞑想していたの?」と聞くと、「え?ドラムなんて誰も叩いていないょ」とのこと。そのまま腑に落ちずにいると、しばらくして寛子さんが起き「ドラムの音を聴いたけど、ポールさんが叩いていたんですよね」と. . . 「私も聴いたんだけど、ポールも誰も叩いていないって言うのょ!」. . . 私と寛子さんは呆然とするばかり. . . リトリートセンターの周囲は360度の大自然が広がっているため、近所から聴こえてくる可能性はありません。

その晩やって来たマーガレットにドラムの音について伝えると、「ナバホ族の間では、夜明けとともに古代のアナサジ(有史以前に起源を持つ、現代のネイティブアメリカンの祖先。ナバホ語では「昔の人」の意味)がエル・モロの山頂に集ってドラムを叩くという言い伝えがあるのよ」とのこと。私達は、その『幻のドラムの音』を聴いたことを知り、私の魂の祖先であろうアナサジ族と、この地との深い縁に想いを馳せるしかありませんでした. . . 。

《Part3》 変容の洗礼を受けて. . .
に続く. . .

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
リトリートワークショップ in ニューメキシコ 《Part2》 幻のドラムの音で目覚めた朝. . . Wha-Dho Life in the US/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる