Wha-Dho Life in the US

アクセスカウンタ

zoom RSS 今、当たり前の日常を取り戻すために。。。

<<   作成日時 : 2012/02/11 08:29   >>

トラックバック 0 / コメント 4

粉雪が舞い、裏庭の枯れ木達はパウダーシュガーをまぶしたように佇んでいます。部屋の中では暖炉が心地よく音を立て、犬のベッツィと猫のスコッティはお昼寝中. . . こんな何気ない日常のひと時が、私にとっては幸福を感じる瞬間. . . 。皆が幸せを求めているけれど、幸せは何も遠くにあるものではなく、目の前の出来事に幸せを感じられるか否かの違いではないでしょうか?

裏庭の雪景色
画像


お向かいの家も霞んで見えます。
画像


かつて多忙な東京暮らしの中で、私にとっての幸せはお目当てのブランドのバッグをゲットしたり、最新のレストランで舌鼓を打ったり、友人達との旅行だったり、アメリカの本社からプロジェクトの承認が降りた時だったものでした。その後あることから人生観がガラリと変わり、同じライフスタイルを続けながらも、幸せを感じる対象もまたガラリと変わり. . 。

ある出勤前の朝、当時住んでいた都心のマンションの窓を開けると、手が届きそうな位置に八重桜の花が咲き誇っていました。木はたったの一本でしたが、強烈なまでに私に語りかけて来たのを今でも鮮明に覚えています。8年以上も暮らしていたにも関わらず、その木の圧倒的な美しさに気づいたのは初めてのことでした。そこでふと、「そういえば、隣町の桜新町は八重桜の並木で有名じゃない?」と思い出し、その週末は自転車に乗り、溢れんばかりのピンク色の並木を謳歌しに出かけたものです。

そんな心境の変化を旧友に伝えると、「私もね、例えば木の新芽が出て来たのを見て嬉しいなんて思う事があるけど、そんな事忙しくしてるみんなに言ってもなにかと思って、今まで言わなかった」とのこと. . . 。

そして、あれよあれよと言う間に私の人生は音を立てるように変わり、今はこうして自然に囲まれたアメリカの我が家で、草木や花、動物や鳥達と語らい、癒される日々を送っています。東京近郊には山や海、湖などの豊かな自然が広がっているものの、社会人になってからは足が遠ざかっていたため、今思えば身近な日本の自然をもっと堪能しておけば良かったと後悔したりも。

その後、シンシナティのファッション通の友人に「じゃあ、もう志野ちゃんはあれが欲しい、これも欲しいとかって言う物欲はないの?」と聞かれこう答えました。「そうね、今でも美しいモノ達を見ると心惹かれるけど、洋服や靴は日本で買ったものが沢山あるし、買ったら満足して未使用のものもあるから、まずはそれらをちゃんと使ってあげようと思うのよね」と。

東京などの大都会は、購買欲を促進させるための広告がひしめき、街全体が物欲をあおるエネルギーに満ちていますから、どうしても「何か新しいものを買わなきゃいけない」ような感覚を誰もが感じていることでしょう。また月給の割には家賃や食費などの生活費が高く、まるで石川啄木の「働けど働けど我が暮らし楽にならざり〜」のような疲弊感、さらには「何か満ち足りていない」ような空虚感を感じている人も多いのではないでしょうか?

そこへ襲った大震災と放射能汚染により、今、日本の価値観が激しく揺れ動いています。私のもとへは幼子を抱える友人達から、不安の便りが相次いでもいます。その中には、震災直後に生まれた赤ちゃんのために、ホットスポットと化した街を離れて他県へ避難中の友人家族も. . . 。こうして「当たり前の日常」を奪われた時に人々が見出したのは、「当たり前の日常こそ幸福の源」であるというシンプルな価値観。

どうか不安に押しつぶされないように、ほんの少しでも当たり前の日常を取り戻すべく、今あなたに出来ることをしてみましょう。例えばあなたの明るい挨拶が、家族や隣人、同僚達の一日を明るく灯すかもしれません。そしてその明るいエネルギーは、他の人へと連鎖するでしょう。でもそんな元気さえ出ない日は、近くの公園で自分に語りかけてくる木を探し、しっかりと抱きしめてみて下さい。何があっても移動もできない木々達は、ただ静かに時の流れの中に佇んでいます。そんな木に住む精霊達が、きっとあなたの不安を癒してくれるはずですから. . . 。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。
日記の語り口、志野さんらしくて素敵ですね。
私は無事に出産して多忙な日々です。
育児疲れもありますが、がんばっています。
文中にある「何があっても移動もできない木々達は、ただ静かに時の流れの中に佇んでいます。」が
私にとっての志野さんの存在かな〜〜って思いました。拝見できて嬉しかったです。
yuka
2012/03/02 13:58
yukaさん

こちらこそお久しぶりです。
ご無事に出産をされたとのこと、本当におめでとうございます!お忙しい日々かと思いますが、間もなく水仙などが開花する時期ですし、お子さん達とご一緒にお散歩されるのが楽しみですね!

私はあれからガーデニングを本格的に始めました。ちょうど秋に植えた球根達が顔を出し始め、嬉しい日々です(^^)

それでは三寒四温の折、ご家族の皆様ともにご自愛下さいね。
Shino
2012/03/03 05:48
中学生まで、桜新町の桜並木の近くで育ちました。私の原風景です。現在、私はブランドビジネスに関わっており、しかもカウンセリングも勉強中。。。しのさんとはお会いしたことはないのに、何だか共通点が多くて不思議です!
Maki
2012/03/03 05:49
Makiさん

桜新町のご出身なんですね!私は渡米前の8年間を三軒茶屋で過ごしました。共通点が多いからこそ、不思議なご縁でMakiさんと繋がれたような気がします。これからもよろしくどうぞ!
Shino
2012/03/03 05:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
今、当たり前の日常を取り戻すために。。。 Wha-Dho Life in the US/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる