Wha-Dho Life in the US

アクセスカウンタ

zoom RSS 魂のウクレレプレイヤー、ジェイク・シマブクロ in シンシナティ!

<<   作成日時 : 2011/11/12 03:34   >>

トラックバック 0 / コメント 14

画像


昨夜は日本人の友人達とジェイク・シマブクロのライヴへ。日本在住の頃からそのインパクトのある名前を耳にしたことはあったものの、彼の演奏を特に聴いたこともなく、「せっかくのお誘いだから」という程度の気持ちで会場に向かいました。

ライヴスペースは自由席だったため、ステージから5メートル程の席を確保。ウクレレという楽器からハワイアンミュージックをイメージしていた私は、まずジェイクのソウルフルな演奏スタイルに度肝を抜かれ、「ハワイのジミヘン」と呼ばれる演奏に何度も鳥肌が立ちました。

もともと学生時代にアメリカやイギリスのロックの洗礼を受けた私にとって、ウクレレがあのようなエッジの効いた音を奏でるとはあまりにも予想外!いやいやロックだけではありません。ジェイクが弦に触れるやいなや、時には愛する人に捧ぐハープの音色、時には情熱のスパニッシュギター、さらには日本を訪れた際に影響を受けたという琴を連想し、それはそれは深みのある「Sakura」の曲へと、ウクレレが七変化を遂げてゆきます。

そして日系5世の彼の血には、欧米人にはなかなか理解しがたい「間(ま)の文化」が自然と流れているのでしょう。曲間の絶妙な「間」によって、その後に続く演奏がより濃さを増すスタイルは、歌舞伎の舞台で静謐な空間に放たれる鼓(つづみ)の音色をも彷彿とさせました。

また、曲ごとの丁寧な会話も彼の人間性を感じさせ、翌日にVetrans Day(ベテランズ・デー:アメリカの戦没兵士や退役軍人達を称える祝日)を控えたことから「Go For Broke」を演奏。第二次世界大戦中に日米が敵国として戦っていた際、日系人がアメリカへの忠誠を証明するために出陣した、日系人部隊へ捧げる曲と説明してくれました。そして、そのような状況下にない今の自分達の環境を感謝したいとも. . .

思えば、私のアメリカ人の友人にも名字が「Tojo」という日系女性がいますが、彼女の父親が、日本人である上に対米開戦時の首相でありA級戦犯である東条英機と同じ名字であることから、戦時下のアメリカにおいてどれほど過酷な立場に置かれたかを語ってくれたこともありました。実際、その彼が当時18才の時に意を決して日系人部隊に志願したことを讃え、85才を迎えた今年、ホワイトハウスから表彰を受けたそうです。

日本人の容姿を持ちながらハワイでジャパニーズ・アメリカンとして育ち、同時に自分のルーツを敬いながら活動をするジェイクの姿に、このような世界中の多くの日系人が愛と尊敬と誇りと共感を持って応援していることでしょう。


終演後には、なんとロビーに登場したジェイク。気さくに皆と握手をし、サインをし、記念写真を撮り続ける天才スタープレイヤーの、あまりにも謙虚で優しく愛に溢れた姿勢に驚くばかり. . .

激しい演奏を観た私達が「指は大丈夫なの?」と聞くと、「ボクの指は太くて丈夫だからね。それに見た目よりも激しくは弾いていないんだよ」と満面の笑顔で両手を広げて見せてくれたりも。

来年あたりに再度シンシナティに来てくれるとのこと!次回は主人のポールやアメリカ人の友人達も誘って、大所帯で応援に駆けつけようと思います!!!


If everyone played the ukulele, the world would be a better place.”

もしみんながウクレレを弾いたなら、世界はより良い場所になるだろう
 

ジェイクのアルバム『PEACE LOVE UKULELE』のジャケットより 





ピース、ラヴ&ウクレレ
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
ジェイク・シマブクロ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ピース、ラヴ&ウクレレ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます☆ジェイクさんライブいいですね♪
Jyoji
2011/11/13 05:14
Jyojiさん、こちらは夜なのでこんばんは!彼の演奏はYouTubeなどでも聴けますが、ライヴは比べようのないほど良かったです。来日の際には是非♫
Shino
2011/11/13 05:15
ブログ、拝読。go for brokeのエピソードとか、日本で聴く印象とちがいますよね、ジェイクらしさが感じられて、グッと来ました。
Yoko
2011/11/13 05:15
Yokoさん、彼は日系人としての自覚と誇りを持って生きているんですね。私は日系ではないものの、日米両国の間で生きているので、何か深い部分で共感 & 感動してしまいました。
Shino
2011/11/13 05:16
なるほど…ジェイクさんには、そういうことなんですね。。あと、いっこ前のホームレス女性とのエピソードは、感涙ものの素晴らしい話です。
Yuta
2011/11/13 05:16
彼は本物・・・私も初めて彼のウクレレを聴いた時に感じました。今秋、ライブで演奏する姿を見た時に、改めて軽いショックを受けました。ウクレレはハートの前で抱いて弾くので、音にすっかり心が現れるのだと思います。もちろんオーム音にも直結・・・弾き手も癒されます。
Hiroko
2011/11/13 05:17
ジェイクの日本の事務所が友だちなので、志野ちゃんのブログをお知らせしたら読んでくれて。ステキな文章をありがとうございました。とお伝えください!と。ジェイクのファンクラブツイートで呟かせてもらいました、とのことです。。。ありがとう!!
Yoko
2011/11/13 05:17
‎>Yuta、そう、そういうことなんですw ホームレス女性とのエピソード、、ポールと生きているとこのようなエピソードの連続で、私自身も深く考えさせられることが多いです。
Shino
2011/11/13 05:17
‎>Hirokoさん、Thanks again! なるほど、ジェイクのハートチャクラからダイレクトに音が放たれるんですね〜。彼はミュージシャンの姿をした平和の天使かも!? ;)
Shino
2011/11/13 05:18
‎>Yokoさん、えー、それはありがとうございます!!TaroさんがジェイクのジャパンツアーTシャツをデザインされたことも知りませんでしたが、こんな形で繋がってハッピーです。音楽、そして素晴らしい人は国境を軽く越えちゃいますね ;)
Shino
2011/11/13 05:19
素敵な記事でした!そういえば私は以前ジェイクのインタビューや記事など和訳したブログをやってまして、しばらく更新していないのですっかり忘れていましたが(汗)なかなかレアな映像もあります、もしよろしければご笑覧くださいませ。http://jakeonyoutube.blog46.fc2.com/
Makiko
2011/11/13 14:30
‎Makikoさん、Wow, 以前からブログで発信されていたとは!早速拝覧しました。ジェイク&お母様のデュエット、素敵ですね〜。彼があんなにチャーミングなのは、あの母ありき、と勝手に感じながら見入ってしまいました。Thank you for sharing!!
Shino
2011/11/13 14:31
Shinoさん、ステキなblog読ませて頂きました☆
日本Tourが終わり、また本土Tour中のJakeの様子と、初JakeだったShinoさんが感じた文章は、すごく伝わりました!
聞く人の心にこれだけ響くJakeの人柄とウクレレは本当に唯一無二ですよね!!
次回はご主人、お友達とたくさんで更にLiveを盛り上げてくださいね!よろしくお願いしまぶくろ♪
Maju
2011/11/13 15:14
Majuさん、ありがとうございます。きっとご紹介いただいたファンクラブからいらして下さったんですね!
ジェイクが奏でる音と人柄は、一瞬で目の前の人の心を掴んでしまう魅力がありますよね。

会場ロビーでCDを購入し、友人達とジェイクに「サイン、お願いしまぶくろ♪」と頭を下げたところ、「どうやってそれを知ったの?(英語)びっくりした〜!(ここは日本語で)」と驚き、喜んでくれました。まさか彼の日本公演での常套句を、アメリカの来場者から聞くとは思っていなかったようです:笑
Shino
2011/11/13 15:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
魂のウクレレプレイヤー、ジェイク・シマブクロ in シンシナティ! Wha-Dho Life in the US/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる