Wha-Dho Life in the US

アクセスカウンタ

zoom RSS ふたたび、魂の故郷 ニューメキシコへ!!

<<   作成日時 : 2011/02/27 06:08   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像


ニューメキシコへ旅立つ前、「ブログのアップ、楽しみにしてるから!」と友人達が言ってくれたものの、いざシンシナティへ戻ると、かの地で受けた強烈なエネルギーの消化に時間がかかり、なかなか表現するに至らないのが現状です。

むき出しの大自然の洗礼とも言うべき前回の旅のあとは、その強烈なエネルギーを受けて覚醒し、現実に戻ることが難しかった教訓を踏まえ、今回のニューメキシコへの旅は事前にしっかりと自覚をし、そのエネルギーに振り回されず、次のステップに踏み出すために大地のパワーをありがたく享受できるような覚悟で旅立ちました。

ニューメキシコが発するエネルギーは種類こそ違えど、先日もブログで書いた東京の激しいエネルギーとも似ており、その地に生きる人や訪れる人の覚悟を試す場所とも言えるでしょう。

今回の旅は、将来的にニューメキシコに「Wha-Dho(わどう)リトリートセンター」を創る予定であることから、その土地の下見が目的でした。私とポールの魂の故郷であるこの地に、日本はもちろん、世界各国から人々が訪れ、大自然を背景に魂の進化をうながす場所を築く構想です。

今回の滞在も、友人のレイトン・クーガーが経営する野生の狼の聖地Wild Spirit Wolf Sanctuary内のキャビン。下見で訪れた土地は、このサンクチュアリから車で5分程の、見渡す限りの広大な大自然に出会える場所です。

画像
写真はクリックすると拡大します。


土地のオーナーは、かれこれここに15年以上暮らす、イタリア出身のフランチェスカとウンベルト夫妻。彼らとは初対面にも関わらず互いに深い繋がりを感じ、イタリアからは彼らが、インドからはポールが、日本からは私がこの個性的なパワースポットに導かれ、こうして出会えたことの不思議さに感銘を受けざるを得ませんでした。

若かりし頃はイタリアでモデルとして活躍していた現在60代のフランチェスカは、自伝も含む数冊の著書を持つ作家であり、同時にグランドキャニオンなどの大自然のガイドでもあります。今回は広大な彼女の敷地を案内するため、私達を終日かけてのトレッキングへ連れ出してくれたのですが、20才以上若い私達が息切れする岩山でも、まるで”もののけ姫”のように軽々と飛び越え、その俊敏さと体力には目を見はるばかりでした。

風と溶け合うフランチェスカ
画像


彼女を一言で表現するなら、Free Spirit(自由な魂、精神)。かつては九州の海辺の村に1年暮らしたこともあり、魂の導くままに、アマゾンにも何度も足を運んでいるとのこと。

モデル時代のフランチェスカ
画像


その彼女を、そばで静かに優しく包み込むのが詩人のウンベルト。最初は無口で人見知りをしていた彼も、別れ際には、彼の親族が作るという美しいイタリアンシルクのネクタイをポールに贈るなど、すっかり私達を受け入れてくれました。

穏やかなウンベルト
画像



それにしても、ナバホ族(ネイティブアメリカン)の土地を含む、めったに人が訪れることのないこの大地には、奇妙なまでにねじれた木々が生い茂り、巨大な岩の群れは意志が感じられるほどに圧巻でした。今や日本ではパワースポット流行りですが、本来はまっすぐに伸びるはずの固い木が、これほどまでに変形するほどのエネルギーを発している事実を見逃してはなりません。

なぜなら、何の覚悟も無しに「次は話題のここ、その次はあそこ」とパワースポット巡りをしているうちに、自分自身のエネルギーが変形し、ひいては人生に悪影響を及ぼしかねないからです。

ほとんどの木がこのようにねじれています。
画像


現にニューメキシコ州は、その土地を訪れることで急激に自己浄化が進み、癒され、自己変革のプロセスを助けてくれる、地球の特別な場所を意味する「トランスフォメーション・ボルテックス」というエネルギーに満ちていることで知られています。

自己変革をすることに心の準備のできている人は、心身とともに魂も癒され、次のステージにシフトしていくことが出来ます。実際、前回私達と同行した人々は、その後急速な人生の進化をとげています。

反対に自己変革への準備が整っていない人がニューメキシコにいると、心身の不調が出たり、人生のバランスを失うこともあります。私達も、「Enchanted Land(魅惑の大地)」の愛称を持つニューメキシコに惑わされ、人生の歯車が狂ってしまっている人々も目にしました。それほどまでにこの大地は、住む人、訪れる人に「あなたは自分に向き合って生きているか?」と、挑戦状をつきつけるような場所とも言えるでしょう。

トレッキングへ出発!

画像


山頂から大地を仰ぐポール
画像


巨岩の下で
画像


敷地内に在る、「母なる大地の乳房」と呼ばれる岩山

画像


映画や小説に登場する、ビリー・ザ・キッドも喉を潤したと伝えられる水車の前で

画像

翌日は大自然が雪に包まれました。
画像


画像


画像


どこまでも続く大地、地平線、雪山、奇岩、光、大空、吹きすさぶ風、馬達。。。私にとって日本が肉体の故郷であるなら、ニューメキシコはやっぱり魂の故郷。

「人は魂の故郷に帰る」とは誰が言ったのか、、それが本当であるなら、私達が人生の最終章を迎えるのは、きっとこの土地になることでしょう。。。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
よんでいるだけで、浄化されている様です。一昔前に、車で迷い導かれた様に辿り着いたネイティブの保護地区で、時間が止まり、生活をしている人々に懐かしさを感じました。いまでも目に焼きついています。確かに、大自然が剥き出しですね。捻れた木々、確かに土地のパワーの創造でしょうね。また、必ず行きたいです。リトリートセンター、楽しみにしております。
Yumiko
2011/02/27 15:25
このブログは心を鷲づかみにします。イタリアから”もののけ姫”のフランチェスカ、詩人ウンベルト、そしてインドからポール、日本から志野さん・・・Free Spiritsが出揃いましたね。まだ少し駒は増えそうです...!
Hiroko
2011/02/28 04:31
Yumikoさん

私達も、今回はズニ族の保護地区内で一泊し、ナバホ族の広大な土地をトレッキングし、観光化されていないネイティブアメリカンの素の暮らしに触れることができました。リトリートセンター、是非いつかお越しください!
Shino
2011/03/04 06:06
Hirokoさん

日本の”もののけ姫”も出番待ちですね! えぇ、もちろんHirokoさんのことです :)
Shino
2011/03/04 06:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
ふたたび、魂の故郷 ニューメキシコへ!! Wha-Dho Life in the US/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる