Wha-Dho Life in the US

アクセスカウンタ

zoom RSS ジュリア・ロバーツ新作映画 『 Eat Pray Love:食べて、祈って、恋をして 』

<<   作成日時 : 2010/08/16 00:57   >>

トラックバック 0 / コメント 1

画像



この週末は、友人と話題の映画『Eat Pray Love』を観て来ました。公開二日目ということもあり館内は満席状態。主演のジュリア・ロバーツの人気と魅力的な予告編効果もあってか、客層も老若男女と様々です。

当映画は、女性作家エリザベス・ギルバートの自伝的小説『Eat Pray Love (食べて、祈って、恋をして)』を映画化し、NYでジャーナリストとして活躍するヒロインが、離婚と失恋を経て自らの人生の再生を求めて出た旅の日々を描いています。

舞台がニューヨークからイタリアに飛ぶと、そこでは人生を謳歌する人々と、今にもお皿から飛び出しそうなほどの生き生きとした食材が私達を楽しませてくれます。かれこれ10年以上も前のこと、私が2週間程イタリアを旅した際は、ツアーに参加しなかったため毎日が予測不可能な出会いや驚きに満ちていました。炎天下の官能的な古代の街を、1リットルのミネラルウォーターを片手に歩き続けているうちに、長年の原因不明の皮膚炎もすっかり治ってしまったものです。あぁ、明日にでもイタリアに行きたい!!

イタリアののちはインド、、、主人公のリズがこの国で精神性に目覚めたように、ジュリア・ロバーツ自身もまた人生の大きな転機を迎え、映画の撮影中にキリスト教からヒンズー教へ改宗し、現在も夫や子供達とともにヒンズー教の寺院へ足を運んでいるとのこと。その様子を『マイスピ』に執筆しましたので、ご興味のある方はこちらをクリックしてご覧下さい。

実はポールの故郷であるこの国を、私はまだ訪れたことがありません。もし機会があるのなら長期滞在したいとは思いますが、インドというのは「呼ばれないと行くことができない国」と常々聞いているので、呼ばれる日が来るか否かは、天にゆだねることにしましょう。

そして映画の冒頭と最後を飾るのは、バリの美しい大自然。。。以前、『神が住む島』と称されるこの地を訪れた際は、偶然一年で最も盛大なお祭りが島中で催されており、幸運にも それはそれは美しい人々の衣裳や、寺院の装飾を愛でることができました。寺院の外でも街のいたるところにお供えが捧げられ、島全体に神様の存在が溢れているのを感じたものです。

映画のストーリー自体はシンプルなので、スピリチュアル的な深さを求める方には物足りないかと思いますが、主人公が各地で出会う人々から聞く言葉は深い教えに満ち、出口を探している人が救われるようなメッセージに満ちています。また、今年43才を迎えるジュリア・ロバーツの、かつて『プリティウーマン』で魅せた変わらぬミリオンダラー・スマイルと、年齢を重ねることで人間力を増した彼女の魂が震えるような演技だけでも、この映画を観る価値は多いにあるでしょう!!

映画予告編(日本では9月17日公開)
http://www.youtube.com/watch?v=dGT33CqzDyM


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
観てこられたんですね!!

志野さんのマイスピの記事を読んでから、まるで映画評論家のように友だちに言いまわっていますよ!
日本での公開はちょっと先なのですね。早く観たい!
(で、インセプションを見てきました。)

私も素敵な女性になって、人生を謳歌し、愛ある人生を歩みます!!
ひろこ
2010/08/16 11:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジュリア・ロバーツ新作映画 『 Eat Pray Love:食べて、祈って、恋をして 』 Wha-Dho Life in the US/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる