Wha-Dho Life in the US

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒーラーとして生きるということ

<<   作成日時 : 2009/10/31 01:05   >>

トラックバック 0 / コメント 8

ポールがヒーラーであることを知る人は多いでしょう。その彼が「志野もまたヒーラーである」と、私達が出会った当時から言い続けているものの、そう自覚したことはありませんでした。『ヒーラー』という響きが何か恐れ多く、カウンセラーとして名乗る方が、これまでの私には適しているように思えたからです。

そんなある日、「肩書きを何にしようと構わない。ただ、天から人を癒し、導く者としての使命を受けた以上、無意味な謙虚さの影に隠れていることは、天への無礼にあたる。志野は自覚と努力が足りない」と、ポールから喝を入れられました。夫であると同時に師でもある彼からは、必要な時には厳しいアドバイスも受けます。

そして最近になり、ある生徒さんが、私をカウンセラーではなく『ヒーラー』と呼んでいることに気づきました。

最初にその方が私にコンタクトされた時、彼女はその若さにも関わらず、長年身体の痛みに苦しみ歩くこともできず、医者やカイロプラクターもお手上げ状態、、、いよいよ車椅子の購入を検討している状態でした。 さらにそんな彼女に追い打ちをかけるように職場から解雇され、フィアンセからは婚約破棄を宣告。まさに人生のどん底とも言えるような状況下にありました。

日本に住む彼女とメールやスカイプによるカウンセリングを始めた当初から、私は『彼女が抱える過去のトラウマによって人生の歯車が狂ってしまったこと』、そして『彼女の魂から分離してしまった身体が、助けを求めて悲鳴を上げていること』を強く感じていました。

そこでカウンセリングの軸となる『和道プログラム』に沿い、まずは過去を手放し浄化するための瞑想である『クリーニングメディテーション』を1ヶ月間行って頂きました。また知的で真面目な人ほど頭で考え、理解しようとする習慣があることから、「頭ではなく、”心の奥底の声” を聞くこと」に徹するため、本を読んだり、新たな知識や情報を得ることも避けて頂きました。

そんな彼女に、プログラムのオプションとしてアメリカの我が家でのリトリートを提案したところ、まだ実際に会ったことが無いにも関わらず一つ返事で決定!こうして徹底的に事前の浄化を行ったのちに渡米した彼女は、新たなエネルギーを受け入れる準備が万全に整っていました。

我が家への長旅の途中では、飛行機の遅延のため空港内を走って走って走りまくったとのこと、、、そう、立ち上がることもできなかった彼女が、和道プログラムを始めて1ヶ月後には、走りまくれる状態になっていたのです!!!

リトリートの間は日々刻々と、彼女の顔に新たなエネルギーが満ちて行くのを目の当たりにしました。長年隠れていた魂が表に姿を現したことによって、彼女は本来あるべき姿を取り戻したのです。それはまるで、さなぎから蝶が誕生するような気高い瞬間でした。

そして力強く新たな人生を歩き出した彼女は今、こう語っています。「今では歩けるし、踊ることだってできる。驚きの偶然や出会いが起こり続け、周りはハッピーであふれている。人生は雲の上にでた気分!」と。。。

その彼女がブログを始め、リトリートでの様子や、彼女自身の進化の旅を綴っています。勇気を持って自分自身に向き合うその姿勢は、ネガティブな状況から抜け出せずに苦しんでいる人々へ、明日へのヒントを与えてくれることでしょう!

Spiritual Journey -- 実践哲学"Wha-Dho(わどう)"で「今」を生きる  http://awalatina.blog.so-net.ne.jp/

* 後日談: その後、上記の生徒さんは和道を指導するインストラクターとなり、オーストラリア出身の男性と出会って結婚し、彼と共にオーストラリア政府公認のエコビレッジにて幸せに暮らしています。


『ヒーラー』、、、肩書きの言葉はどうでもいい。ただ、癒される相手がいてこそ、癒し手であるヒーラーが存在し得る、、。こんな風に、やっと私にもヒーラーとしての自覚が芽生えて来ました。いえ、自覚というよりも覚悟といった方がふさわしいでしょう。

喝を入れ背中を押してくれたポールと、私が癒し手であることをさらに証明してくれた彼女、そして天からの導きに、心からの感謝を贈ります。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
スピリチュアルなことには本当に疎い私ですが、
凄く明らかなのは、その苦しんでいる人の心と共にShinoちゃんが在る、ということ。共感と言う言葉に近くしかし足りない、本人が独自で立ち上がっているのだから。暖かくそれでいて強く逞しいものを感じます。
大切な人に心を寄せる、その感覚ってどんなときでも大事だよね。
ゆうこりん
2009/10/31 06:57
はじめまして。

無意味な謙虚さの影…失礼。

私も 自分はまだまだ学びの途中だからヒーラーという肩書など恐れ多いと思ってました。

そう自覚することを避けてたようにも思います。

自分自身が人として まだまだなのに…


ずっとそう思ってました。

この記事を読むまでは。


この偶然に見える出会い、導きに心から感謝します。


ありがとうございました。
ごん
2009/10/31 08:29
しのさん、御久し振りです。素晴らしいですね!人に何か与える事が出来ると実感する事は深い喜び、自信に繋がりますよね。そんな体験を与えてくれた事に、出会えた人に感謝ですね。
sana
2009/11/01 01:16
ゆうこりんさん

スピリチュアルな言葉を語らなくても、ゆうこりんさんは『大切なこと』が何かをちゃんと知って、地に足をつけて生きている人だと思います。

だって、ゆうこりんさんがもし『身体や心の声』を聞かずにいたら、今もまだ『頭では大好きな』空のお仕事を続け、身体の不調が年々悪化していたことでしょう。

色んな思いを込めて、いつもありがとう!

Shino
2009/11/01 03:00
ごん様

はじめまして。
コメントをありがとうございます。


>そう自覚することを避けてたようにも思います。

私もそうだったように思います。天に言い訳をしていたと。。。


>この偶然に見える出会い、導きに心から感謝します。ありがとうございました。

こちらこそ、ありがとうございます。
お互い、使命を全うできるよう、頑張りましょう!

また是非お立ち寄り頂き、色々とシェアさせて頂けましたら幸いです。
今後ともよろしくお願いいたします。
Shino
2009/11/01 03:07
sanaさん

インドから帰って来られたんですね!
今、sanaさんのブログを拝見し、沢山アップされた写真を見て興奮していたところでした!

>そんな体験を与えてくれた事に、出会えた人に感謝ですね。

本当にそう思います。
クライアントさんと共に、私も成長させていただいています。
こうして、ずっと成長して行けたらと。。。

いつも見守って下さってありがとうございます!
Shino
2009/11/01 03:15
志野さん

ありがとう。

愛をこめて…,
ひろこ
ひろこ
2009/11/06 21:58
ひろこさん

私からもありがとう。。。

Much Love,
Shino
2009/11/09 12:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ヒーラーとして生きるということ Wha-Dho Life in the US/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる