Wha-Dho Life in the US

アクセスカウンタ

zoom RSS 歴史に残る日

<<   作成日時 : 2008/11/06 03:09   >>

トラックバック 0 / コメント 4

史上初の黒人大統領が誕生したアメリカでは、一夜明けた今朝も、国中が熱気と興奮に包まれています。新大統領の演説に、これほど多くの人が涙を流すことが、かつてあったでしょうか?


私は長らくオバマ氏の当選を期待しつつも、「この国は黒人の大統領を迎える程には成熟していないのではないか?」という疑念がつきまとっていました。

先週、未だに人種差別が色濃く残る南部のジョージア州に滞在した際には、マケイン氏が圧倒的に支持されている事を体感しました。彼らはマケイン氏を支持すると言うよりも、むしろ「黒人の大統領などあり得ない。」といった理由が主だと言えるでしょう。それに反して多くの黒人達がオバマ氏と故マーティン・ルーサー・キング牧師の顔がプリントされたTシャツを着て集っている場も目にしました。オバマ氏の支持者が多いリベラルなカリフォルニア州との差、そして有色人種への偏見を持ち続ける化石のような人々に、やるせなさを感じざるを得ませんでした。

しかし、結果は人々の予想を上回るオバマ氏の圧勝。。。

今回の勝利の背景には、多くの白人の支持層の獲得を始め、今までは選挙に興味のなかったヒスパニック系や若年層、加えてホームレスの人々もが、オバマ氏に希望を託して投票場へ向かったことがあります。

そして、その彼らに「Yes, we can.」と実感させたオバマ氏の勝利こそ、真の功績ではないでしょうか。

大国アメリカの新大統領の行く末を、世界中の目が追う中、オバマ氏の本当の勝負は今始まったばかりです。 しかし、彼はブッシュ前大統領のように孤立無援ではありません。

この地球は、確実に進化しています。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私も昨夜のスピーチに感動した1人です。
かつてこれほどまでに、人のスピーチで感動した事はあっただろうか、と思ったほど。
地球上のこの国以外に自分のこの物語(大統領選挙に出陣するという)は存在すらしえないだろう。というオバマ氏の言葉、
アメリカンドリームとは寛容さと可能性と機会と自由なのだな、と思いました。
それにしてもオバマさんはスピーチの達人です!
Jun
2008/11/06 14:10
私も、アメリカに住む日本人という枠から、この国の一員であるという自覚が湧いて来ました。もう傍観者ではいられないと。。。
変革は、私達一人一人の意識から始まることを、オバマ氏は教えてくれましたね!
Shino
2008/11/06 16:16
私もShinoさんのコメントのように、この国の一員である、という自覚がさらに沸いてきました。すごいことだと思います。
ちゅう
2008/11/07 02:52
ちゅうさん

そうなんですよね。 その自覚と気づきを、この国に住む移民の私達にも促してくれたことって、やっぱりすごいことですね!
Shino
2008/11/07 04:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
歴史に残る日 Wha-Dho Life in the US/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる