Wha-Dho Life in the US

アクセスカウンタ

zoom RSS 前世の記憶。。。

<<   作成日時 : 2008/10/18 09:51   >>

トラックバック 0 / コメント 12

以前から前世療法などに興味はあったものの、見知らぬ人に自分の過去世を開示する事に違和感があり、なかなか機会がありませんでした。

そんな折、今頃になって夫のポールが前世療法も出来る事を知り、彼ならば全てを委ねられるといった思いから受けてみる決心がつきました。彼が時間の取れる週末にでも受けましょう、と思っていたある夜、とてもリアルな辛い夢を見て泣きながら目を覚ましました。あまりの辛さにベッドの中ではこらえきれず、別の部屋へ移り泣いていたところ、ポールが驚いて起きて来ました。彼に理由を尋ねられても、ただひたすら泣くばかり。。。

翌日の夜、冷静になったところで夢の話をポールに打ち明けました。話し出すと、また涙が止まりません。

夢の中で、私は何か大きなエリート組織の汚職に関わる犯罪者でした。足を洗いたくとも、組織に深く関わり過ぎたため、今さら抜け出せない状況です。そんなある日、とうとう犯罪が明るみになり、国の大きなスキャンダルとしてマスコミに取り上げられることに。。。自宅にいた私のもとにも、多くのパトカーと共にマスコミの車が押し掛けます。
私は逃げる事もせず、自ら彼らのもとに姿を現しました。そして、「これでやっと終わった」と安堵感すら覚えました。
ただ同居の家族達の人生まで台無しにしてしまった事への申し訳ない気持ちが怒濤のごとく押し寄せ、逮捕される直前に家族一人一人に泣きながら謝っていました。家族はそんな私を責めることもなく、ただ泣いています。ここで目が覚めました。

話を聞いたポールは、「志野が前世を知る準備が出来たことによって、夢で前世を見たんだね。」と。。。そして、今生での私の正義感の強さや、曲がった事が許せない性格、またニュースなどでスキャンダルを知った際、残された家族を心配する気持ちなどは、全てこの前世から来ている事を説明してくれました。


そして気持ちが落ち着いた二日後のこと、また強烈な夢を見ました。これもやはり、夢と呼ぶにはあまりにリアルでした。。。

私は富と名声を守る必要のある、由緒正しい家の娘でした。家のインテリアまで、鮮明に覚えています。背の高いモデルのような容姿は今の私とは異なりますが、それが自分自身であることは分かりました。

あまりに固い家柄に反抗し、特に母親とは確執が絶えませんでした。歌を唄うことが得意だった私は、ある日家族の反対をよそに歌手としてデビューします。家族や世間への反抗心から、ほぼヌードに近いゴールドのメタリックなビキニを身に着け、ステージで歌う日々が続きました。当然、そのような私の行為はマスコミにとっては嬉しいスキャンダルです。ある日、家の名誉を守ろうとする母親が運転手に頼み、事故に見せかけて私を殺そうとしている情報が入りました。人生に疲れきっていた私は、母親を含む家族の目の前で飛び降り自殺をします。ここで苦しくて目が覚めました。

この夢のために一日中憂鬱だった私を見て、ポールは「Welcome to the healer's world. 前世を知り、受け止め、癒す時が来たんだょ。人を癒すためには自分を癒す必要があるからね。でも前世は過去であって今ではないから、引き戻されたらいけない。逆に過去の痛みから学んで、今の志野は家族と本当に仲が良いよね? まだまだこれからも他の前世を見ることになるょ。」と。

予想以上に重い過去世を知り精神的に辛くなっていた私は「もう前世を知るのは充分だ」と思い、しばらく他の前世を見ないようにして欲しいと祈りました。 と同時に、今生で安らかな日々を送れていることに、改めて深い感謝の気持ちが湧き起こりました。


この世に生を受けている私達は、皆が何かを学び成長するために生まれて来ます。ですから、来世でさらに充実した人生が訪れるよう、今生を真摯に生き抜くことが大切です。そして何も学ぶ必要のなくなった時、私達の魂は昇華し、再び肉体に戻って来ることはありません。


あなたは前世に興味がありますか?それとも、もうすでに前世を見た事がありますか?そこから何を見出し、癒し、また何を学びましたか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
一年前に洗礼を受けてクリスチャンになりました。
それまでは,何度か前世と確信出来るシーンを夢や瞑想中に見てました。
でも,今の信仰生活の中で「人生はたった一度」という理念なのでそれを信じる事にしました。色々な宗教、考え方,教えが入り交じってる地球。
何が本当かってといだしたらきりがないけど,何を信じるか決めて「自分と大切な人達が一番幸せ」でいられる事が大事だって思って。
だから,シノさんも無理して前世を見ないで「今の人生」を満喫するの大賛成です。
ゆか
2008/10/18 17:44
私自身は霊感とかないのですが時々かなり面白い前世や守護霊がいます、と教えられることがあります。
武将とか、ジャンヌダルクとか、高僧とか。どうも・・・戦う人であったようです。笑

SHINOさんの夢の内容。
前世療法とは違う側面ですが、ユングを勉強してたことがあります。その中で夢で自分を分析するという勉強もしました。

>母親を含む家族の目の前で飛び降り自殺をします。ここで苦しくて目が覚めました。

通常、死や殺される、というイメージは悪い、悲しい、ですよね。でもユングにおける「死」=「再生」を意味します。つまり、そのとき、SHINOさんは今までの迷いから次の次元への新しいスタートを切ったということなのです。「死ぬということは門なのだ。こちらの世界からあちらの世界への」という言葉があります。
「ああ・・SHINOさんは新たなる自分を見出したのでしょうね。おめでとう」と言いたいのです。
↑のような夢。かつて私も見たことがあります。そのあとふっきれました。
少しでもSHINOさんの平穏な気持ちにプラスになれば、と願っています*^^*

prettykiss
2008/10/18 18:14
shinoさんは変化しているんですね。

前世を知ることは、それにとらわれることなく今を生きなさいってことなのだと言葉だけでなく感覚として感じつつあります。やっぱり今が大事
makiko
2008/10/18 23:19
ゆかへ

以前ゆかが前世を見た時に、私が2度ほど登場したでしょう?
一度はヨーロッパ、もう一度は日本の武士の時代。。。
それも真実だと今でも思ってます。

>色々な宗教、考え方,教えが入り交じってる地球。

多人種国家のアメリカに暮らし始めて、本当にそう思うようになりました。 でも互いが違いを否定することなく、かと言って無理に分かり合おうとするのでもなく、ただ皆がそれぞれの道を信じて、「今ここにある生」を精一杯 謳歌することが何よりも大切よね。
ありがとう!
Shino
2008/10/19 00:30
prettykissさん

prettykissさんの前世が戦う人であった、、特に高僧であったことは深くうなずけるように思います!

死は再生、、そうなんですよね。でも夢(前世)を見た直後はかなり滅入りました。 おかげさまで今はふっきれて、ブログに書き留めておこうと思えるように。。。

実際の死ではありませんが、今生でも生まれ変わって再生し、今まさに新たなステージで生きていることを感じます。
そう思うと、殻を破って再生することを恐れる必要は何もないのですね。いつもありがとうございます!!

Shino
2008/10/19 00:40
makikoさん

初コメント、ありがとうございます!

>shinoさんは変化しているんですね。

オーラソーマのクラスでご一緒した頃、コンサルテーションを受けた際にクラウンのボトルを購入しました。
身体中の細胞が再生しつつあるのをボトルがサポートしてくれるとすすめられ、、、使い終わる頃には、本当に人生がすっかり変化していました! 今もまだ変化の途中なのだと思います。

>やっぱり今が大事

本当にそうですね。 前世を見ることによって、今ここに生きていることのありがたさも改めて知りました。
Shino
2008/10/19 00:49
しのさん、こんにちは。私も何度も前世は自分で(しのさんのように夢で泣いて起きたり、その夢を後から霊能者の人に言い当てられたり)あるいは他の人の力を借りて見ています。前世療法の本も読み漁りました。この間、私も退行療法(前世療法)をしに、心理療法士さんのところにも行ってきたところなんですよ。その時代のパートナー(現在の誰だか分かっていますが今生の旦那じゃないんです)が私より先に死んでしまって大泣きしました。上半身がしびれて、催眠が終わっても放心状態でした。自分の日記に書こうかと思ったのですがあまりにもプライベートなことなので止めました。。。すみません、長くしてしまって。前世療法とか精神世界分野は私も人生の大きな関心事なので興奮してしまいました!しのさんはご主人様が側でしのさんのスピリチュアルライフを見守ってくださっていていいですね! うちの旦那は正反対です。(でした、が正しいかな)でもまあ、私をこの世界と精神世界のバランスを保たせてくれている人、と良く解釈しています(笑)
ちゅう
2008/10/19 00:58
ちゅうさん

そうでしたか。。。

私は前世療法などは興味はあったものの、知るのが怖くて避けていたんですよね。また無理をして知る必要もないかとも。。。
今回は前世の一部を知る準備が出来ていたので、最初は滅入ったものの、今はそれで良かったと思えています。

ちゅうさんも、今回の療法で見た辛い経験を消化して、今生のご主人との暮らしを心から満喫されて下さいね。(すでにそうだと思いますが、もっとさらに♪)

うちの彼はヒーラーには珍しく、地にどっしり足がついているので、私も安心してスピリチュアルライフを送っています。


>私をこの世界と精神世界のバランスを保たせてくれている人、と良く解釈しています(笑)

本当にそうだと思いますょ!! サミさんはアンカーなんですね。
でもインド人って、精神世界が普通の暮らしに溶け込んでるなぁと思うこともよくあります。
ヒンズーの方と話すと、何気ない日常会話に神々や輪廻転生、カルマの話が出て来ますしね。
Shino
2008/10/19 02:01
鮮明に残る夢は必ず自分の前世と関係があるのでしょうか?

私もたまに鮮明すぎる夢を見ます。。

それが自分の前世だとは考えもしませんでしたが、たまに鮮明に、リアルに、夢か現実か起きてからもしばらく????という状態がある事があります。。。
Jun
2008/10/19 04:12
Junさん

> 鮮明に残る夢は必ず自分の前世と関係があるのでしょうか?

夢の中で、たとえ姿形や話している言語などが今の自分と違っても、「自分だ」とはっきり自覚できる時は前世か(もしくは来世)かもしれませんね。

私の場合は、「前世を見てみたい」とオープンな状態であったこと、また今までの夢とは明らかに違っていたので、疑う余地無く前世だと知りました。

私のように悲劇的な前世でなくても、訪れたことのない街での暮らしなどを何度も繰り返し夢で見たりするのは、前世の記憶からだとも言われているようですょ。

Shino
2008/10/19 04:15
SHINOさんが「死」のイメージを違った側面から・・次のステージへのスタートとらえてくださるならうれしいです。
他の方のコメントも読んでまたずうずうしく登場ですが^^;
リアルな夢というときは医学的に「深い睡眠でない」ことが多いのでまずは精神をリラックスさせるといいかもしれません。またリアルな夢の内容を書き留めて現実のご自分の現状と照らし合わせると今の自分に与えられた課題が明確になります。まずは体の疲れをとるといいと思います^^
prettykiss
2008/10/19 11:59
prettykissさん

いえいえ、いつでも何度でもご登場下さい!!

>リアルな夢というときは医学的に「深い睡眠でない」ことが多いのでまずは精神をリラックスさせるといいかもしれません。

そうですね。明け方などの眠りが浅い時にはリアルな夢を見ますし。。。今朝は中学時代に恋した男性が登場しました。
もうとっくに忘れていたのに突然。。。特にアメリカに暮らし始めた頃は幼少時代に遡った夢を多く見ました。魂がふる里を懐かしがっているんだなと思ったものです。

>リアルな夢の内容を書き留めて現実のご自分の現状と照らし合わせると今の自分に与えられた課題が明確になります。

主人も同様の事を話していました。
起きても鮮明に覚えているような夢は、私達に何かを気づかせるための高次の次元からのお告げやアドバイスであるとも。。。
夢って不思議ですね〜!
Shino
2008/10/19 14:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
前世の記憶。。。 Wha-Dho Life in the US/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる