Wha-Dho Life in the US

アクセスカウンタ

zoom RSS 高次の自我 ー Higher Self

<<   作成日時 : 2008/06/07 06:33   >>

トラックバック 0 / コメント 4

代替医療に興味を持ち始めたきっかけは、かれこれ数年前の春のこと。 花粉症に仕事の多忙さと不毛な恋愛関係のストレスが加わり、風邪をこじらせて病院に駆け込みました。大勢の花粉症患者の対応に追われるドクターから、詳しい説明も受けずに抗生物質を渡され、その数5種類以上。処方箋通りに5日間程飲み続けたものの、さらに症状は悪化するばかり。。。

そしてとうとう全身に赤い発疹が出始めたのです。 今度は皮膚科に赴き、別のドクターに状況を訴えましたが 取りつく島もありませんでした。「風邪の時によく見られる症状ですょ。抗生物質と塗り薬(ステロイド)を出しますね。念のため注射も打っておきましょう」

太い注射を打って帰宅後、残った風邪薬と湿疹用の薬を眺め悟りました。「何かがおかしい。もう薬を渡すだけの医者に頼るのはやめて、自分の身体に自分で責任を持とう!」と。

それからはまるで新しい趣味に没頭するように、食生活を変え、飲み水を変え、ヨガや瞑想を始めることに。。。

生活習慣を変える中で自然と意識の変化も起き、良く言えば「人当たりが良く優しい」、悪く言えば「優柔不断で後ろ向き」だった性格が改善され、言うべく時に「No」を言えるようになりました。その変化はプライベートや仕事上で功を奏し、 気づけば長年の持病と諦めていた胃の不調が治っていたのです。


そんなある夜、突然 宇宙から圧倒的なパワーが体中に流れ込んで来ることを体験し、それは1週間続きました。 夜になると頭が覚醒し、宇宙からのエネルギーを感じて眠れず、気が変になってしまったのかと困惑したものです。睡眠不足のまま何とか出勤し続けるも、電車内やオフィス、街中でも自分の身体が白い繭(まゆ)に包まれたような浮遊感が消えませんでした。

ちょうど親しくなり始めた友人に相談したところ、ある洋書『<AISBN:1577312295>Creative Visualization</AISBN>(自己啓発の分野でパイオニア的な存在のアメリカ人作家、シャクティ・ガワイン女史著)』の一節を見せてくれました。なんとそこには、まさに私に起こっている事と同様の事柄が書かれているではありませんか!

そして、それらは初めて高次の自我 " higher self(ハイヤー・セルフ)" に触れた時に起こる自然なプロセスであり、一旦その気づきを得ると、いつでも必要な時に高次の自我を呼び寄せることが可能になると知りました。本書によれば、瞑想や修行などにより徐々に高次の自我に触れ始める人もいれば、私のように強い啓示や覚醒として突然起こることもあると。。。自分の人生に何が起こっているのかを知るために、私がその本を繰り返し読んだのは言うまでもありません。

その後は自己探求に明け暮れ、精神世界や心理学系の本をむさぼるように読み、各種のワークショップやセミナー、セラピーのコースに参加し続けました。 その最終過程では未来の主人、ポールとの出会いもありました。スピリチュアリティに傾倒し過ぎた私をしっかりと地に足をつけさせ、自分自身のブレない軸を築き、天と繋がりつつ、同時にこの現実社会を力強く幸せに生きる術(すべ)=「和道」を教えてくれたのが彼でした。

そしてもはや不要となった古い自分から脱却し自由になるために、都会での華やかな仕事から去る決意をしました。その後の人生が劇的に変わることを予想もせずに。。。不安がなかったと言えば嘘になりますが、新たな扉を開けた今、後戻りは出来ないことも分かっていました。


この高次の自我は、宇宙に存在する大いなる愛や無限のパワーと繋がっています。その存在を"神"と呼ぶ人もいます。 それが分かりづらければ、太陽が毎日昇り、春になれば桜が咲くような自然界を司る存在、とも言えるでしょう。

誰もが高次の自我を備えていますが、理屈や常識、世間体や体裁、諦め、恐れや不安、過去の記憶や傷ついた体験、幼少期のトラウマなどの厚いベールに包まれ、普段はなかなかその姿を現してくれません。

それは時に直感として頭をよぎったり、高次の自我の「主人」である私達に気づいてほしいがために、身体や心の不調として「警告のシグナル」を送ることもあれば、日常に起こる不快なハプニングとして現れることも。。。 そして、その宇宙からのシグナルには、あなたへのこんな問いが隠されています。


本当は何をしたいの?

どうしてここにいるの?

何を怖れているの?

必死にしがみついているものや人は、本当にあなたに必要なの?

どうしてそんなに過去に捕われているの?

人生こんなもの、なんて誰が決めたの?

もう年だからなんて言って、なぜ諦めてしまうの?



この地球上で生きている私達は、誰もが大自然の一部であり、宇宙の子供です。時に深い孤独を感じたり、漠然とした不安が襲ったりした時は、いつでも宇宙に愛され、導かれ、見守られていることを思い出してください。。。

そしてこれ以上、心身の不調や、人生の歯車がガタツくことを悪化させないためにも、宇宙からの警告シグナルを無視したり封じ込めたりせず、勇気を出してご自身と深く向き合うきっかけを作ってあげてください。私はそのサポートをさせて頂くために、いつでもあなたのそばにいます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
高次の自我って余計なものが取り払われて、本来の素の姿に戻っていくってことだよね。実は,シンプルでいる事は難しくて、その為には地球の生みの親の宇宙の力が必要で。shinoさんの言ってる事がすんなり心に入ってきました!!
私が今勉強しているナチュロパシーってまさしく患者さんのbody, mind&spiritのバランスを取り戻し維持していく手助けをする仕事です。いつも言うけど,お互いに東京を離れても同じ方向に進んでる事に感謝します。
ゆか
2008/06/07 12:27
皆が宇宙から愛されている存在で、それぞれの真我に気付く事で健康で平和な環境になるのにね。人も地球も。しかし私自身もまだ現在進行形で、シグナルを送られっぱなし。起こり得ないような事からは気付きがあり、身体の不調はなんの意味があるのかいまだ不明。きっとまだ化学変化が起こり得そうな予感。
sana
2008/06/08 00:55
>ゆかへ
コメントありがとう。
そう、人間って頭で考える生き物だから、色々考えすぎてシンプルでいられないのよね。
この間「フォレスト・ガンプ」を観て、主人公のシンプルさと優しさに感動したょ。

ナチュロパシー、面白そう!!
今度、もっと話を聞かせてね。



Shino
2008/06/08 03:14
>sanaさんへ

コメントありがとうございます。
もちろん私も現在進行形ですょ〜。
たぶん一生続くのかと。。。
でも 宇宙からのシグナルを無視するのでなく、そこから気づきや学びを得て、少しでも前進できればいいなと思ってます。

こうやって離れていても、お互いの学びを共有できることに感謝しています(^o^)
Shino
2008/06/08 03:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
高次の自我 ー Higher Self Wha-Dho Life in the US/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる